トップページ >

川柳・俳句3月号 「ひょうたんなまず」   選者・東嶋一刀齋

今月のお題 「家族」「テーマ自由」


俳   句

【 天 】  兄の声 1万キロを超え 春近し      (東京都) 野木 佳織

【 地 】  父母の墓 すっぽり雪に 埋もれけり      (岡山市) 内村 誠司

【 人 】  風の色 白さの極に ほの赤し      (青森市) 左右田 徹

【 佳 作 】  母の顔 木彫りのごとく 影深し     (大和市) 東野 幸三

       天空や 凧の一つが 吹かれけり       (新座市) 柏村 清太郎

       指先に 水の一滴 春匂う         (長野市) 末次 浩司

川   柳

【 天 】  薄毛という わずかな希望に すがりつく    (東京都) アデランスボーイ

【 地 】  何が出る 政治のドブ池も 抜いてくれ    (東京都) 池の水全部抜きます

【 人 】  宝くじ 眺めては拝み 夢を見る(神戸市) どうぞ今年こそ

【 佳 作 】  横綱の 引退する日や われもまた     (東京都) 定年退職

       夜中にも 何度もお辞儀を しているよ     (阪市) 頻尿パパ

       出ていけと 妻が夫に 派遣切り       (東京都) 再就職は?

       妻スマホ ガラケーのわれを 馬鹿にする       (横浜市) アナログは健在


【応募要項】 来月のお題 「お茶」

 なたの俳句・川柳をお寄せ下さい。お題に添ったものでなくても結構です。自作未発表のものをはがき1枚に3句程度まで。住所・氏名(ペンネームの場合は本名も)・年齢・電話番号明記の上で、ご投句願います。投句は返却しません。二重投稿厳禁。天・地・人の句には薄謝ないし粗品を贈らせていただきます。締め切りは毎月末。

住所 〒101─0052 東京都千代田区神田小川町3─7─16 報道ビル6F 「新政界往来」ひようたんなまず係まで。

この記事のトップへ戻る